青森でもお坊さんをネットで手配できます

青森でも僧侶(お坊さん)をネットで予約できる 安く定額制で

僧侶とお寺のイメージ画像

NHK他多くのメディアやマスコミで取り上げられた【お坊さん便】というサービス、
青森県でも法事・法要、葬儀の僧侶(お坊さん)派遣依頼をネットから簡単にできます。

県内にお住まいで、檀家や菩提寺というお寺とのお付き合いがない方や、それまでのお寺とのお付き合いに疑問を感じている方など、ご利用が徐々に増えているサービスです。

また、県外にお住まいで実家が青森県内にあり、実家のお寺のお付き合いについて知らされていない方、菩提寺が無くなっているという方なども、このお坊さんの派遣サービスなら、法事・法要、葬儀・葬式において全宗派対応なのでご利用になられるといいです。

ご利用は一回限りでOKですし、檀家になる必要もありません。派遣したお坊さんは檀家になるようすすめることもありません。ですので、いわばドライな気持ちで、しかも安心して依頼できます。
【とても分かりやすくシンプルなシステムです】
・全国(青森県も)全宗派対応でお坊さんを派遣できます
・お坊さんとは、1回のお経の読経のみのお付き合いでOKです
・法事・法要のお布施は全額が一律45,000円の定額です
 (心づけ不要、お車代不要、お膳不要(お食事不要)なので45,000円以上のお金はかかりません)

【法事・法要の料金】
●法事・法要への僧侶派遣 … 一律45,000円
●戒名(全宗派対応) … 一律20,000円〜

法事・法要としては、初七日法要、四十九日法要、一周忌法要、三回忌法要、七回忌法要、初盆・新盆、お彼岸、納骨法要、など、その他の法要に対応しています。
いずれの法事・法要も、一回・一律、45,000円です。

【お葬式の料金】
●火葬式の読経 … 55,000円
(一般的な通夜や告別式、初七日を行わず、火葬のみで故人を送る葬儀です)

●一日葬の読経 … 85,000円
(通夜は行わず、告別式、火葬、初七日を1日で終える葬儀です)

●一般葬(家族葬)の読経 … 160,000円
(通夜の翌日、告別式、火葬、初七日を行うご葬儀です)

※お葬式の手配は、前日や当日の予約も可能な場合もあります。ただし、地域・場所にもよりますので、とりあえずお問い合わせをしてみてください。

いずれも、料金の他に追加費用は一切不要。心づけ、お車代、お膳(お食事)は必要ありません。

【お坊さん便】公式サイトへ→

青森県でもお寺とのつながりが薄れつつあるのでは

葬式の祭壇のイメージ画像

私は、ここ数年の間に、両親を続けて亡くし、葬儀や法事をつづけて経験しています。

私は青森県の弘前市に住んでいて、禅林街にある禅宗のお寺の檀家です。
葬式やその後の法事・法要のお布施も、それほど高い金額ではなく、ある意味、良心的と言われる料金のお布施ですので、とても助かっています。

しかし、親戚や知人、ご近所や、お付き合いのある方の葬式やお通夜などに参列し、お布施の金額を耳にすると、たまに、驚くほどの金額ということがあります。

お布施に適正料金というものがあるとするならば、県民所得が低く低所得県と言われる青森県に住んでいる私からすれば、遺族の方にとってそれはかなりの負担なのではないのだろうか、という金額を耳にすることもあります。

私は50代ですが、菩提寺や檀家ということを、あまり意識せずに暮らしてきましたし、日々を生きる上でお寺とのつながりを強く感じるということもなく、いままで過ごしてきました。

両親が亡くなったここ数年までは、お盆にお寺に行くくらいしでした。

田舎で古くからの仕来りや繋がりが強いのではないか、とイメージされる青森県ですら、50代の私は、仏事に関してドライな気持ちがありますので、私より若い世代の方はもっとドライというか割り切った気持ちをお持ちではないのかと想像します。

なので、高額なお布施を暗に要求されるようなお寺さんと、無理にお付き合いを続けていかなくてもいいのではないかと思ってしまうところがあります。

例えば、お葬式のお布施として、数十万円〜50万円という金額を払わなければいけなかった、という話を耳にすると、そればぼったくりではないか(悪い言い方ですみません)とさえ思ってしまうところがあります。それは果たして正当な対価なのだろうかと。仏に仕える身として、遺族に経済的な負担を大きくかけることをどう思っているのだろうかと。

法事・法要の料金にも明瞭明快さを求める人が増えている

お布施も明瞭料金でのイメージ画像

葬式や法事・法要の読経などお坊さんへお願いすることの内容に関して、コスパ的な見方をするのは無粋というか、「違うかも?」といいう気持ちも無きにしも非ずなのですが、やはり、今の時代は、何に対しても、なぜそれくらいの価格なのか明確・明瞭な理由を求める傾向が強くなっているように思います。

なので、法事・法要は一律45,000円追加料金一切なし、という明快な【お坊さん便】利用者が増えている理由ともなっているのではないでしょうか。

お寺によってはお布施の料金を聞くと「お気持ちで」と答えます。
でも、そのお気持ちだって、少ないと悪いと思うし、かといって、多く払うのもなぁ…と思うところがあったりします。

私の檀家のお寺さんは、こういう時はこれくらいのお布施で、というのが伝えられているというか、父が存命の時から知らされていたので、幸いにも困ることはありませんが、そうでない人は本当にお困りだと思います。

こういうこともお寺離れを進めてしまっている一因ではないかと思います。

無粋でも今の時代、明快なお布施の料金表示は必要なのではないでしょうか。

だから、
法事・法要は一律45,000円追加料金一切なし、
というのはとても分かりやすくて、
高すぎもしない金額なので
利用者が増えているのだと思います。

ちなみに、私のお寺さんは、もっと良心的なお布施です(^^;

実家が青森県だという方もネットから予約できるので便利です

おぼうさん便

私の周辺でも、お子さんが大学入学や就職を機会に、首都圏や仙台へ住むようになり、そのまま住み続けていて、その後にご両親もなくなり、実家は空き家状態になっている、という例が少なくありません。

しかし、ご両親のお墓があり、法事の際には帰省して、法要を営んでいる、というお話を耳にすることも増えています。

長く故郷を離れていると、菩提寺とのお付き合いもほぼなくなっていますし、お墓が菩提寺の敷地内にないのでしたら(共同墓地にあるとか)、菩提寺のお坊さんでなくてもかまわないのではないかと、個人的には思ってしまいます。

お墓で法要を行うのでなければ、なおさら、菩提寺のお寺のお坊さんでなくても、という気がします。

【お坊さん便】は、主要7宗派を手配可能ですし、ネットから予約すると、担当のスタッフさんと打ち合わせをして、その後、お坊さんから連絡がいき、あとは当日を待つだけです。
また、法事・法要のことで何か分からないことがあれば、仏事の専門家でもあるスタッフの方へお尋ねすれば、お応えしてくれます。

ちなみに、法事・法要を行う場所として、最近は、私の住む青森県の弘前市周辺では、小さな会場を借りて行うという方も増えていると聞きます。

長く実家に帰っていないと法要前に実家を掃除をするのも大変ですし、セレモニーホールやホテルなどの小さめのお部屋を借りて行う、という例が増えているようです。

あるいは、お墓でやって、その後、ホテルや料亭のようなところで、参列者の方にお食事を振る舞うというやり方をする人もいます。

その時に、【お坊さん便】でお呼びしたお坊さんも一緒に食事をするかどうかは、どちらでもかまいません。そのことについては、スタッフの方に相談されてもいいと思います。

参考までに、私の例を申しますと、私が両親の法事を行う時は、法事の後の食事会には、お坊さんをお呼びすることはありません。
お坊さんも忙しいと、次の予定が入っていますので、あえいお時間を取らせない、という考え方です。
それで、お坊さんの気分を害した、という話を聞いたこともありません。
私のお寺では、檀家の皆さんの多くは、そうしているようです。

なので、法事の後のお食事会には、必ずしもお坊さんをお呼びする、ということを考えなくても良いのではないかと思います。

青森県内どこでも派遣OKです

【お坊さん便】は、日本全国派遣対応ですので、青森県内も全県対応となっています。

私は弘前市ですがも青森市や八戸市はもちろん、都市部も郡部も派遣可能となっています。

都市部から離れている地域だと、地元に近いお坊さんが手配できず、都市部のお坊さんが派遣されることもあると思いますので、法事・法要の日からある程度前もってご予約されると良いと思います。

葬式・葬儀の場合はお急ぎでということもあり、前日や当日でも対応できる場合もあるそうです。

PCからでもスマホからでも、ネットから、派遣予約やお問い合わせもできます。


page top